オセアニア教育学会
Society of Oceanian Education Studies

新着情報|学会案内|年次大会刊行物


オセアニア教育学会のご案内


設立の経緯及び主旨

 オセアニア教育学会の前身は、1990年に「オーストラリア教育研究会」として、青山学院大学笹森健教授(当時)を中心に活動を開始しました。その後、オーストラリアのみならずニュージーランドや南太平洋諸国を含むオセアニア地域の教育に関する研究活動の拡充をふまえてオセアニア教育研究会と改称し、1997年に「オセアニア教育学会」として設立いたしました。

 オセアニア地域の教育は、わが国の教育関連の学会では、必ずしも脚光を浴びてきたわけではありません。むしろ軽視されてきたとも言えるのではないでしょうか。しかし、オーストラリアなどオセアニア地域へのわが国からの留学者数の増加などに示されるように、同地域における教育から学ぶべき点は、数多くあります。

 オセアニア教育学会は、このような観点からオセアニア地域の教育に関する研究や紹介を通して、わが国の教育に多くの示唆を提供したいと考えております。本学会の特徴の一つとして、教育に関する「研究者」のみを対象とはしていないことがあります。そのため、高等学校の教員や主婦の方をはじめとして、会員のバックグランドもとても多様です。

 これを機に、オセアニア地域の教育に関心のある方は、是非ご入会ください。


設立

1990年11月 オーストラリア教育研究会
1995年12月 オセアニア教育研究会

1997年12月 オセアニア教育学会

会員数2018年10月現在 一般48(名誉会員2含)、学生8、団体0
理事

2018〜2019
年度
会長宮城 徹 (東京外国語大学)
紀要編集委員長山田 真紀(椙山女学園大学)
研究推進委員長澤田 敬人(静岡県立大学)
第23回大会実行委員長奥田 久春(三重大学)
広報担当出光 直樹 (横浜市立大学)
事務局長・海外担当坂詰 貴司 (芝中学校・高等学校)
理事馬渕 仁 (大阪女学院大学)
杉本 和弘 (東北大学)
伊井 義人 (藤女子大学)
主な活動

毎年11月下旬〜12月上旬に研究発表大会(総会)を開催

紀要(研究年報)『オセアニア教育研究』の発行(レフリー制)

年数回のニュースレターの発行

年会費5,000円(学生会員:3,000円、団体会員:8,000円)
会則2012年12月8日総会改正(PDFファイル)


入会申し込みについて

  1. 氏名・ふりがな
  2. 住所(電話番号、ファックス番号、e-mailアドレス)
  3. 所属・職名
  4. 所属機関住所(電話番号、ファックス番号、e-mailアドレス)
  5. オセアニア教育の関心領域

をご記入の上、mail(アット)soes.sakura.ne.jp (事務局 坂詰) へご連絡ください。